活動紹介ブログ

稲沢市新型コロナウイルス感染症対策協力金
 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、愛知県の休業協力要請に応じて、休業と営業時間短縮に全面的に協力した中小事業者等に対し、愛知県と稲沢市が連携して新型コロナウィルス感染症対策協力金(県・市協力金)が支給されます。

 また、この枠外で、4月29日(水)から5月6日(水)までの休業等についても、稲沢市独自に稲沢市新型コロナウイルス感染症対策協力金(市協力金)を支給されます。

申請受付開始は5月14日(木)を予定しているそうです。

申請ができるように必要書類を準備しておきましょう!

ご案内 : comments (x) : trackback (x)
みんなの力でこの危機を乗り越えましょう。
5月1日から「個人業者に100万円、法人事業者に200万円」という持続化給付金の電子申請がはじまりました。持続化給付金

毎週木曜日午後2時から「なんでも相談会」を民商事務所で行っています。

新型コロナ対策Q&A
ご来所の際には事前にお電話ください。
ご案内 : comments (x) : trackback (x)
持続化給付金に関するお知らせ
申請の開始日時については申請の受付はまだ開始されておりません。補正予算の成立後1週間程度で申請受付を開始する予定です。

対象となる事業者については新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で50%以上減少している者が対象です。
資本金10億円以上の大企業を除き、中堅、中小企業、小規模事業者、フリーランスを含む個人事業者を対象とする予定です。

給付金額の計算方法について(売上の期間等)。
給付額は、原則、法人:200万円、個人事業者等:100万円です。
ただし、前年からの売上の減少分(計算式は以下のとおり)を超えないものとする。
■減少分=(前年の総売上(事業収入))−(前年同月比▲50%月の売上×12か月)
※上記を基本としつつ、昨年創業した方などに合った対応も引き続き検討しています。
※2020年1月から2020年12月のうち、2019年の同月比で売上が50%以上減少したひと月について、事業者の方に選択いただきます。

持続化給付金の申請要領等(速報版)
ご案内 : comments (x) : trackback (x)
高齢被保険者からも雇用保険料の徴収
これまで、年齢が65歳以上の雇用保険の被保険者(高年齢被保険者)については、雇用保険料徴収が免除されていました。しかし、2020年4月1日 からは、65歳以上 の被保険者分も雇用保険料を納める必要があるため、被保険者本人の負担分を徴収しなければならなくなります。
2020年4月1日以降の注意点
ご案内 : comments (x) : trackback (x)
新型コロナウィルス対策
新型コロナウィルスの感染拡大を受け、街の中小業者がピンチです。国・愛知県において、相談対応、各種支援策が打ち出されています。
新型コロナウイルス感染症の休業要請に係る協力金
愛知県は飲食店などで県の休業・営業時間短縮要請に全面的に協力する事業者に対し、「愛知県・市町村新型コロナウィルス感染症対策協力金」として一律50万円を交付すると発表しました。よくある質問
個人向け緊急小口資金の貸し付け
新型コロナウイルス感染症の影響により、収入減少があった世帯に対し、最大20万円の貸付を実施します。詳しくはこちら、窓口は社会福祉協議会になります。

more..
ご案内 : comments (x) : trackback (x)
Jun.2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30