活動紹介ブログ

法律講座「相続の基礎知識」を行いました
9月1日(日)、稲沢民商の顧問弁護士事務所名古屋法律事務所の吉川哲治弁護士が法律講座「相続の基礎知識」を行いました。15名弱の方に参加していただきました。

 相続の基礎知識では、法律が定める法廷相続人の範囲、相続財産にあたるものは、相続の手続きはどうしたらいいのか、遺言のルールなど判例にも触れ ながら、分かりやすく解説されました。参加された方はメモをとるなどして熱心に聞いて下さる方もおり、皆さんの関心の高さが伺えました。
活動報告 : comments (x) : trackback (x)
役員・班長学習会を開催
7月21日、役員・班長学習会を開催し、愛商連副会長の藤栄茂行さんが「民商活動に夢と希望を」のテーマで語られました。

その後、10月に狙われている消費税増税と軽減税率・インボイス制度のDVDを鑑賞。次に、前田会長が稲沢民商総会方針について講義。梶浦副会長が「仲間が増えてみんな笑顔」のパンフレットを解説しました。
活動報告 : comments (x) : trackback (x)
稲沢民商共済会第31回定期総会を開催しました
 6月28日(金)、来賓に日本共産党稲沢市議団より渡辺幸保議員、渡辺ちなみ議員、日比進予定候補、曽我部博隆予定候補を迎え、稲沢民商共済会第31回定期総会が20名の参加で開催されました。
 冒頭、健康講座を行い、尾張健康友の会より講師を招いて「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の講演を聞き、「運動不足などで活動が低下しねたきりや要支援・要介護にならないように食生活や運動習慣をつけることが大切」と話され、ロコモの25のチェック項目を参加者が行い、高さ40?の台に両腕を前に組み、片脚で立ち上がるテストでは、なかなか立ちあがらない方もみえました。

 続いて共済会総会。「A会員85%の共済会加入」などを目標に、訪問や班会での声かけ活動で共済会の魅力を伝え続けてきました。その結果、入会者22名に対し退会者21名と1名の増でした。
 共済運動はいのちと健康を守るかけがえのない役割を果たしています。集団健診で病気を早期発見でき助かった方もたくさんいらっしゃいます。仲間を増やし、共済会の果たす役割に確信をもち、今年も増勢をめざして「目配り・気配り・心配り」の共済会を盛り上げていこうと皆で確認しました。

活動報告 : comments (x) : trackback (x)
稲沢民商第50回定期総会を開催
 6月1日(土)、19時から稲沢市勤労福祉会館で稲沢民商第50回定期総会が開催されました。
 当日は各支部からおよそ32人が参加しました。梶浦副会長の開会あいさつの後、溝口常任理事、木村常任理事を議長に選出し、前田会長があいさつ。その後、稲沢市長代理として稲沢市商工観光課足立課長、日本共産党稲沢市会議員予定候補の日比さん、稲沢原水協から山岸理事長、新日本婦人の会から茶原支部長、国民救援会稲沢支部から服部支部長、前進座から俳優の渡会さんが、それぞれ来賓あいさつをし、引き続いて総会方針を鈴木事務局長が、決算予算を熊崎常任理事が提案されました。休憩後、特別決議を今井副会長が提案されました。15日集金の表彰があり、次期役員の提案を近藤副会長が行い、提案の採択がされ、最後に服部副会長が閉会のあいさつをされました。

活動報告 : comments (x) : trackback (x)
市議会へ請願行動
 5月30日(木)、市議会6月定例会にむけて「消費税10%増税の中止を求める意見書」採択を求める請願を行い、前田会長、梶浦副会長が参加しました。渡辺幸保市会議員、渡辺ちなみ市会議員が同席されました。商工新聞を持って長屋市議会議長にも要請し、市議会各会派に訪問を行いました。

活動報告 : comments (x) : trackback (x)
Oct.2019
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31