活動紹介ブログ

消費税廃止稲沢各界連絡会主催で学習会を開催
 消費税廃止稲沢各界連絡会では11月22日(木)に、税理士法人あいち税経の土屋賢一税理士を講師に招き、「消費税10%への増税・軽減税率・インボイス制度導入学習会」を開催。
 土屋税理士は、増税時にあわせて実施される予定の「軽減税率」について、飲食料品と週2回以上発行される新聞が8%に据え置かれるが、それまでにかかる経費が10%で軽減には当たらず、まやかしだと説明。また、低所得者のみならず、高所得者も当然に購入するものであり、軽減税率を導入しても、低所得者対策の効果が明確ではない。逆進性は解消しない。商品販売事業者は品目ごとに軽減税率が適用になるか判断をする必要、値札やレジなどの対応、軽減税率の変更・追加があるたびにより複雑になる。コンビニやスーパーの店員が売り場で判断することになり、従業員の研修や業務の見直し、客側の請求やクレームの対応に現場が混乱する。価格決定権はあくまで企業にあるため、価格が上がらない保証はないと訴えました。
 現行の仕入税額控除は「請求書等保存方式」だが、軽減税率が導入されると、取引を税率の異なるごとに区分して記帳する。2019年10月から2023年9月30日までの4年間は簡易な方法(区分記載請求書等保存方式)で行い、2023年10月1日からになるインボイス方式(適格請求書等保存方式)なり、税務署長に申請して登録を受けた課税事業者である「適格請求書発行事業者」が交付する「適格請求書」等の保存が仕入税額控除の要件となると説明されました。
 また、消費税は営業破壊であり、中小業者には過酷は負担となり、増税で廃業の増加を懸念されます。この間、社会保障費は安倍政権の約6年間で3兆8850億円削減されましたと紹介されました。

活動報告 : comments (x) : trackback (x)
12月稲沢市議会へ請願行動を行いました
 稲沢民商婦人部は12月稲沢市議会へ「国に対し『所得税法第56条の廃止を求める意見書』の提出を求める請願書」を議会事務局に提出しました。市議会は市民の切実な声を真剣に受け止め、議論を尽くして必ず採択を!!

活動報告 : comments (x) : trackback (x)
倉敷民商弾圧事件・禰屋町子さんが当事務所に来所
 倉敷民商事務局員の禰屋町子さんに対する法人税法および税理士法違反事件に対し、支援運動を行ってきました。
 11月19日、禰屋町子さんが当事務所に来所し、これまでの経過とさらなる支援の訴えをされました。

 今年の1月の広島高裁岡山支部の破棄判決を受けて、すでに10ヶ月がたとうとしていますが、弁護団からの報告では、未だに検察側の立証計画等が明らかにされず、公判日程も決まらない状態であり、異常な事態と言わざる得ません。逮捕後428日もの長期にわたり拘留され、被告人とされて4年9ヶ月もの月日が経過しています。なんとしても無罪を勝ち取るため、全力で頑張りましょう。!
活動報告 : comments (x) : trackback (x)
消費税率10%、複数税率・インボイス中止させよう 消費税学習会を開催
 8月30日(木)、稲沢民商も加盟する消費税廃止稲沢各界連絡会がきしの知子消費税をなくす愛知の会事務局長を講師に「消費税学習会」を開催しました。
 「来年10月1日からの消費税率10%へ増税しようとしています。消費税が導入されて国民一人あたり支払った消費税は、275万円にもなります。また、大企業の内部留保は従業員一人あたり2千9百10万円になります。このお金を使えば給料アップや最低賃金を上げることが出来ます。ただし、中小業者の支援を検討することが大切です。
 消費税に頼らない巨大な財源は、大企業優遇税制やタックスヘイブン(租税回避地)の課税逃れをやめさせることにあります。
 消費税は、戦費調達税に早変わりすることができ、平和を脅かします。5兆円の軍事費を2倍の10兆円にして、世界第3位の軍事大国にしようとしています。
 また、マレーシアが消費税を6%から0%にすると決めました。政治が決断すれば消費税をなくすことができます。消費税をなくす会は、増税ストップの世論を起こすため、宣伝・署名の活動を強めましょう」と語られました。

 その後、来年の10月から実施される『軽減税率制度』について国税庁のインターネット番組(Web-TAX-TV)を視聴しました。10%と8%の対象品目、帳簿や請求書記載方法、税額計算、2023年10月から適格請求書等保存方式(インボイス)から導入ついて説明がされました。事務負担の増大、さらなる増税となる為、すべての業者の大問題です。
 閉会のあいさつに大倉さん(消費税をなくす愛知の会常任世話人)は「消費税の実態と、複数税率インボイスについて、周りに知らせ、「消費税10%増税を中止し、5%に戻す」請願署名を集めましょう」と訴えました。
活動報告 : comments (x) : trackback (x)
新入会員歓迎会を開催
 6月23日(土)、「新しい会員を温かく迎えよう」と昨年度入会した会員を対象に新入会員歓迎会を開催し、新会員3名と役員5名が参加しました。
 最初に全商連作成の「ようこそ民商へ」のDVDを全員で鑑賞。次に前田会長が「民商に入会していただいてありがとうございます。民商に入ってよかった、よかったことは人にも勧めようということで会員を大いに増やしていきたいと思っています。ぜひまわりの業者にも民商を勧めてください」とあいさつ。

 その後に、会員の店の弁当を味わいながら交流し、自己紹介や商売の話で和やかな懇談を行いました。役員は「会議とは違って、お互いの事を知り合えて良かった」と感想を話していました。
活動報告 : comments (x) : trackback (x)
Dec.2018
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31