活動紹介ブログ

稲沢民商「なんでも相談会」開催
下記日程で開催します。一人で悩まず民商に相談を

        日時                会場

10月3日(水) 午後6時〜7時30分  稲沢民主商工会

ご案内 : comments (x) : trackback (x)
消費税率10%、複数税率・インボイス中止させよう 消費税学習会を開催
 8月30日(木)、稲沢民商も加盟する消費税廃止稲沢各界連絡会がきしの知子消費税をなくす愛知の会事務局長を講師に「消費税学習会」を開催しました。
 「来年10月1日からの消費税率10%へ増税しようとしています。消費税が導入されて国民一人あたり支払った消費税は、275万円にもなります。また、大企業の内部留保は従業員一人あたり2千9百10万円になります。このお金を使えば給料アップや最低賃金を上げることが出来ます。ただし、中小業者の支援を検討することが大切です。
 消費税に頼らない巨大な財源は、大企業優遇税制やタックスヘイブン(租税回避地)の課税逃れをやめさせることにあります。
 消費税は、戦費調達税に早変わりすることができ、平和を脅かします。5兆円の軍事費を2倍の10兆円にして、世界第3位の軍事大国にしようとしています。
 また、マレーシアが消費税を6%から0%にすると決めました。政治が決断すれば消費税をなくすことができます。消費税をなくす会は、増税ストップの世論を起こすため、宣伝・署名の活動を強めましょう」と語られました。

 その後、来年の10月から実施される『軽減税率制度』について国税庁のインターネット番組(Web-TAX-TV)を視聴しました。10%と8%の対象品目、帳簿や請求書記載方法、税額計算、2023年10月から適格請求書等保存方式(インボイス)から導入ついて説明がされました。事務負担の増大、さらなる増税となる為、すべての業者の大問題です。
 閉会のあいさつに大倉さん(消費税をなくす愛知の会常任世話人)は「消費税の実態と、複数税率インボイスについて、周りに知らせ、「消費税10%増税を中止し、5%に戻す」請願署名を集めましょう」と訴えました。
活動報告 : comments (x) : trackback (x)
Sep.2018
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30